忍者ブログ
.
轍(わだち)
自分の趣味や好物を気ままに綴ります。
『おへそ Cafe & Bakery』を後にし、帰りはナビを当てにせず(笑)まずは「三原久井インター」を目指します。

「なんで三原久井インターなんですか?」
「三原久井からはいつも通っていた道だから」
「そんなに通っていたんですか? 仕事ですか?」
じゃなくて、インターの近くに『農家のパン屋 ペイザン』というパン屋があって・・・何度か行ったけどいつも閉まってて。 結局閉店していたんだけど、その時に通った道だから。 で、会長お気に入りの四国のパン屋が『ペイザン』って名前だから、ある時コメ返かメールで『三原久井のお店が復活したんじゃないよね』と書いたら会長の知り合いだった」
「え~っ、すご~い偶然」
「一緒のパン教室に通っていた人だって」
「どんなお店だったんですか?」
「以前その店の前を通って教えたよ」
「えっ? そうでしたっけ?」
「一枚板の看板がまだ残っていて・・・あの時はもう一人一緒だったよ、○○ちゃんか○○○さんか」

などと色々話しているうちに西条に到着、新幹線の駅前を通って安芸津に抜ける道をレクチャーです。
鹿が出没するという山道を通り「蚊無トンネル」を抜け、『Shikaパン』の前を通り海沿いに出て・・・着いたところは

『ミュラー・オオタニ』です。

ところが、「定休日」の札が・・・

「ありゃ、臨時休業か? でも大将の車がある」
「訊いてみます」

さすが人に訊くのは得意のナビ、ずかずかと店内に(笑) 
漏れ聞こえる会話によればギフトシーズンで超多忙なため、店頭売りの商品がないんだそう。

「そういえばこの前(6月中旬)も定休日じゃないのに閉めてたなぁ~、そうか、中元かぁ~」
「残念だけどしょうがないですね」

あきらめて車の向きを変えていたら大将が出てきた。

「あれ? 知ってる人?」
「ええ、まぁ・・・」
「ギフトが忙しくて店で売るものがなくって」
「繁盛して結構じゃないですか」
「ちょと待ってて」

と言って店に戻る大将。

「知ってる人?って・・・(やや不機嫌)
「まぁまぁ(助手席にいるんだから知ってて当たり前だろと言いたいのかな?)」

出てきた大将が、

「ベーコンだけど、これくらいしか出せなくって・・・」
「わ~、嬉しい♪」(いきなり上機嫌)
「いいんですか?」
「落ち着いたころにまたゆっくり来てください」

大将の厚意に甘えておいしいベーコンをいただきました。



「ベーコンブロック」
焼いても生でもOKだそうですが、おいらは基本生食です。





市販の物と異なり、表面はカリッとしていて、身はサクッと噛み切れる柔らかさでとてもジューシーでした。



ミュラー・オオタニ
住所:呉市安浦町中切1489-2
地図:表示する  
電話:050-1182-1338
営業:10:30~17:30
  (13:00~14:30は昼休み)

定休:日曜・水曜・木曜
PR
この記事にコメントする〔原則として投稿者名未入力(名無しの権兵衛と表示)のコメントには返信いたしません〕
Name
Title
Font color
E-mail
URL
Comment
Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret?
美味しかった~♪
2014/08/08(Fri) res
小僧さんのおかげで、美味しいステキなお土産いただけちゃいました~

「知ってる人?って・・・」(やや不機嫌)
  ↑
って、全然不機嫌なんかじゃなかったですよ~。
「不可解」だったんです
知ってる人しか助手席に座らせないでしょうに~
ホンマ、オモロイ大将じゃ~
ところが・・・
2014/08/09(Sat)
おいらの悪友が若かりし頃は、

助手席に毎日知らない女性を乗せてたよ~

伝説の「八丁左回り」を始めたナンパ師ですから~(笑)

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
アクセス解析
プロフィール
HN:
パン好き小僧
性別:
男性
自己紹介:
【生年月日】
19XX年1月9日

【血液型】
A型

【人物像】
無芸大食、人畜無害

【趣味】
パン屋めぐり(現在400店)
音楽鑑賞(ラップ以外ジャンル問わず)
楽器演奏(サックス&トランペット)
ボウリング(HG279 HS758)
カウンター
情報掲示板
カテゴリー
ブログ内検索
Copyright (C) パン好き小僧 All Rights Reserved.
Template design:Fomalhaut // Powered by NINJA TOOLS
[PR] 忍者ブログ // [PR]